荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

2018 荒尾市10大ニュース

更新日:2019年3月1日

映画「オズランド」公開

グリーンランドが舞台となった映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」が10月26日に公開されました。多くの市民もエキストラとして出演。とっても夢のある映画ですが、「ド田舎の遊園地」という設定に複雑な思いの人も…。

映画オズランドのチラシ画像 突然配属されたのは、ド田舎の遊園地。不満だらけの毎日を変えたのは、魔法使いのような上司との出会い。波留、西島秀俊出演 10月26日金曜日からロードショー

 

南新地土地区画整理事業の造成が進む

調整池と水路の工事に着手するところまで南新地(競馬場跡地一帯約35ヘクタール)の土地区画整理事業が進み、ずいぶん以前と景色が変わってきました。2021年度から順次宅地の使用を開始しながら、2025年度までに事業を完了する予定です。

南新地造成の様子の写真南新地の写真

 



新市民病院設計スタート

荒尾市民病院評価委員会の審査の結果を踏まえ、新市民病院の基本設計や実施設計などを行う事業者を決定。11月14日に契約を締結しました。2022年6月の開院を目指して、これからも市民病院と市が一丸となって進めていきます。

新市民病院図の画像


 


 


『あらお「しあわせ」探しトーク』開催

7月から9月にかけて市長、副市長、教育長が市内12地区に出向き、『あらお「しあわせ」探しトーク』と題した住民懇談会を開催しました。のべ540人の参加があり、荒尾市の「しあわせ」をテーマに語り合いました。

話をしている市長の写真


 


豪雨災害

平成30年7月豪雨では全国的に様々な被害が発生しました。荒尾市では幸い人的被害や家屋の倒壊などはなかったものの、河川の氾濫や床下浸水のほか、市内各地で法面が崩れるなどの被害が複数ありました。

豪雨災害の森林の様子の写真


 


荒尾干潟ロゴマーク決定

応募作品総数640点の中から最優秀賞に輝いたのは、荒尾市出身のパッケージデザイナー松尾高明さんの作品。皆さんに愛されるロゴマークとなるよう、今夏ごろに開館予定の荒尾干潟・水鳥湿地センターの来館記念品など、いろいろな活用を検討しています。

荒尾干潟ロゴマークを掲げる市長と松尾さんの写真


 


全中学校にエアコン設置

夏休み期間中に市内全中学校の教室へガス式のエアコンを設置し、9月から使用できるようになりました。災害などで停電したときは、一部の教室で非常用電源として使用することができます。2019年度は小学校の教室への設置を進める予定です。

設置されたエアコンの写真


 


花のみちプロジェクト始まる

11月10日に「花のみちプロジェクト植栽会」が中央区通りで行われました。市内でも特に往来が多い通りに地域住民、学校、企業、団体など約500人の参加者の手によって、パンジーなどの花苗約1万8千本が植えられました。

花のみちプロジェクト植栽会の様子の写真


 


荒尾駅・南荒尾駅の愛称決定

荒尾駅に「世界文化遺産 万田坑駅」、南荒尾駅に「ラムサール条約湿地 荒尾干潟駅」という愛称を付けました。併せて10月に両駅の駅名標、観光案内板、荒尾駅のバス乗り場案内看板などもリニューアルしました。

新しい荒尾駅の駅名標を指さす駅員さんとマジャッキーの写真


 


「荒尾で働きたい」を支援する事業がスタート

荒尾市に住み、市内の中小企業に就職・転職したか、起業した若者の奨学金返済に対する補助(奨学金返済わか者就労支援補助事業)や、荒尾市に転入し、市内の保育園などに就職した保育士の家賃に対する補助(保育士家賃補助事業)が開始されました。

 

 

 

 


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 総合政策課 広報広聴係
電話番号:0968-63-1157この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る