荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

100年を超える梨の木

更新日:2010年11月18日

荒尾といえば梨。樹齢100年を超える梨の木があります

現在、主に作られている荒尾の梨は、新高で1玉1kgを超えるものもあり、贈答先を驚かすのも荒尾市民の楽しみのひとつになっています。甘味が多く、みずみずしいのが特徴です。
4月初旬、荒尾市ではあちこちに梨の花の白い絨毯が広がります。これを眺めながら歩く「梨の花元気ウォーク」を毎年開催。市外からの観光客も多く、荒尾の春の風物詩となっています。
樹齢100年を超える木は、鴨梨(ヤーリー)という品種で、中国原産の梨です。来年、辛亥革命100周年を迎えますが、梨の木も中国との関係があります。

荒尾梨の画像 樹齢100年の鴨梨(ヤーリー)の木、中国原産の梨、鴨梨(ヤーリー)、鴨梨(ヤーリー)が追熟した様子、新高(ジャンボ梨)、1キログラムを超える果実、梨の花:春には一面白い絨毯、梨の実:摘果体験できます


 


 
 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 産業振興課 観光推進室
電話番号:0968-63-1421この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る