荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

宮崎兄弟生家

更新日:2012年2月7日
辛亥革命から100年。孫文を支えた宮崎兄弟生誕の地

中国辛亥革命を成した孫文を支援した宮崎滔天と、その兄弟達の生家は荒尾にとって誇れる施設です。
孫文をして「革命におこたらざるものは宮崎兄弟」と言わしめ、孫文は革命成就前とその後、荒尾市の宮崎兄弟生家を2度訪れ滞在したことからも交友の深さが推し量れます。
昨年2011年に辛亥革命100周年を迎えました。荒尾市では記念事業を盛大に開催し、その貢献を広くPRしました。

宮崎滔天の画像宮崎兄弟生家でのお茶会の様子の画像


宮崎滔天と孫文の画像宮崎兄弟と孫文の画像

[1913年]大正二年 孫文革命成功謝礼のため荒尾市上小路宮崎民蔵家を来訪


社会運動に私財のほとんどをつぎ込んでいた滔天は、自らの生活に困窮するほどでした。
孫文がここを訪れた際、ありったけの食材で歓待し、刺身を振舞いましたが、孫文の胃袋に合わなかったのか、腹を壊したとのこと。しかし、後に孫文はかつてを振り返り、「あの時の刺身が旨かった」と言ったとか。
園内には滔天ゆかりの牡丹・菩提樹。孫文と写真におさまった際に写っている梅の木などが残っています。

 

関連リンク

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 文化企画課 世界遺産・文化交流室
電話番号:0968-63-1274この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る