荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

柳原白蓮

更新日:2012年2月7日

純愛か、はたまた醜聞か 柳原白蓮と荒尾

大正時代、世間を騒がせた駆け落ち騒動から「白蓮事件」として有名です。華族(大正天皇のいとこ)だった柳原白蓮(本名・子)は、政略結婚させられた九州の石炭王、伊藤伝衛門から豪邸を与えられ「筑紫の女王」と呼ばれました。

 しかし幸せな結婚生活ではなく、夫の度重なる女性問題などによって苦悩し、歌人であった白蓮はそのことを作品にする中で出会った東京帝国大学生の宮崎龍介(宮崎滔天の長男)と恋仲になり、駆け落ちを敢行しました。

 そのとき白蓮が書いた伊藤への絶縁状が新聞に掲載され、伊藤もまた新聞に反論を掲載しましたが、世論は白蓮に批判的であり、逆境のなかで恋を貫き通しました。結婚後に龍介が結核を患った際(その後回復)、白蓮は執筆活動で夫を支え、更に、晩年近くに白蓮は失明しますが、龍介の介護のもと、作品を発表し続け、幸せな晩年を過ごしました。

 

柳原白蓮の写真





 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 文化企画課 世界遺産・文化交流室
電話番号:0968-63-1274この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る