荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

台風等による停電に伴う断水の備えについて

更新日:2021年6月25日

 水道は停電とは無縁と思われがちですが、実は、井戸から水を汲み上げたり、山の上にある配水池まで水を送ったりするポンプは、全て電力で動いています。

 企業局では、市民のライフラインである水を安定供給するために、主要な施設では発電機を設置して、計画停電や台風による停電に備えています。

 ただし、次の場合は停電による影響が出る可能性があります。

  1. 建物に受水槽を設置している高層の公営住宅やマンションなどの集合住宅は、建物専用のポンプで各部屋まで給水しています。停電により建物専用のポンプが動かなければ、水が出なくなります。
  2. 給湯器やボイラーなどは機種により、お湯が出なくなる可能性があります。

 

 お住まいの状況を確認され、台風の接近など停電が予測される時は、万一の場合に備え、水の汲み置きをお願いします。

  1. 飲料水や家事などに必要な水は、ペットボトルなどにためておくようにしましょう。
  2. トイレの水は、お風呂の浴槽などにためておくようにしましょう。

 

※停電が解消した直後は、周辺の世帯でいっせいに水を使うことにより、水道の本管内に急激な流量変化が起こり、にごり水が出る可能性がありますのでご注意ください。

 

水を溜めたペットボトルのイラスト画像水を溜めたお風呂のイラスト画像


 


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 企業局 建設課 維持管理係
電話番号:0968-64-2700この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る