荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

第69回「社会を明るくする運動」を実施します

更新日:2019年7月1日
「社会を明るくする運動」とは 

すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする、法務省主唱の全国的な運動です。

 


20190702法務省ポスター画像




 


RE:スタート

「笑顔で声をかけてくれた、

自分を認めてもらえた気がした。」

繰り返される過ちも

小さなきっかけから減らすことができます。

つまずいても立ち上がれる。

そんな社会を目指して。

※詳しくは、『社明 しゃめい』で検索!

7月は”社会を明るくする運動”強化月間・再販防止啓発月間です。

行動目標と重点事項(荒尾市推進委員会)

行動目標

  1. 犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう
  2. 犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう

重点事項

犯罪や非行をした人たちを社会から排除・孤立させるのではなく、再び受け入れることが自然にできる「誰 一人取り残さない」社会の実現に向け、

  1. 出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと
  2. 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと
  3. 薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること
  4. 犯罪をした高齢者・障害者等が、社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること
  5. 非行少年等が学びを継続できる環境を作ること

以上の内容に関係行政機関・民間団体関係者等との連携のもとに取り組むことを重点事項とする。

 

「社会を明るくする運動」の強調月間

7月から1か月間を強調月間として、毎年全国各地で様々な催しが実施されています。

荒尾市では、本活動の普及啓発のため、市役所庁舎等への横断幕などの掲出、市内5ヶ所で啓発用チラシを配布し啓発活動を行っております。

7月1日出発式での浅田市長の写真


(写真:7月1日出発式での活動の様子)

 

第69回 社会を明るくする運動

(1)弁論大会 〜心に響く発表を、一人でも多くの人に〜
  • 日時 令和元年7月13日(土曜日)午前9時から
  • 場所 荒尾総合文化センター小ホールにて
  • 発表者  小学生10人、中学生3人、高校生2人、支援学校1人

詳細は以下のファイルをご確認ください。

 

(2) ヤングステージinあらお
  • 日時 令和元年7月28日(日曜日)午後1時から
  • 場所 荒尾総合文化センター小ホールにて
  • 演目 歌、琴、和太鼓、吹奏楽、書道パフォーマンス、ストリートダンス、チアリーディング、少林寺拳法、など

※都合により演目が変更される場合があります。

 

(3) 少年相談
  • 日時 7月1日(月曜日)から7月31日(水曜日)    午前10時から午後3時
  • 場所 荒尾市更生保護サポートセンター
  • 電話番号:0968-66-2030

 

詳細資料
主催

"社会を明るくする運動"荒尾市推進委員会

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-57-8125この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る