荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

民法改正後(令和4年度)以降の成人式について

更新日:2021年1月20日

民法改正後(令和4年度)以降の成人式について

経緯

民法改正により、令和4年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。これを受け、本市では令和4年度以降の成人式の対象者について検討してまいりましたが、現行通り20歳を対象として開催ことといたします。

概要

対象年齢:20歳(年度内に20歳に達する人)

開催時期:成人の日(1月の第2月曜日)の前日

開催場所:荒尾総合文化センター

式の名称:荒尾市20歳(はたち)の集い(仮称)

対象者を20歳とする理由
  • 大学生や社会人としての経験を積むことで、より自覚をもって、地域社会に貢献できるようになるため。
  • 18歳を対象とした場合、受験や就職準備と重なり、参加者の精神的、金銭的負担が大きくなるため。

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-57-8125この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る