荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

岱志高校生が荒尾の魅力を発掘!!

更新日:2021年8月27日

 令和3年7月からFMたんとでスタートされるラジオ番組『岱志高校青春EATS』!

 岱志高校生が、地元である荒尾市の魅力を発掘するため、自ら取材に出向き、荒尾の魅力を皆さんにお届けします!

 以下、取材記事です。

【第2弾】「小代焼ふもと窯」を取材!

 8月のラジオのテーマは「美術工芸コース特集」。そこで、荒尾市の伝統工芸品である「小代焼」を取材することに!

 本校の工芸を担当している先生から紹介していただき、「小代焼ふもと窯」を訪ねました。

取材風景の写真、小代焼ふもと窯にて


 

 

 

 

 

 

 

 小代焼の特徴は、小岱山から取れる土を使った粘土で、鉄分が多いことから焼締まりが強く、硬く焼けるので食器に向いているそうです。

焼物の写真、土鍋


 

焼物の写真、大皿


 

焼物の写真、マグカップ、湯のみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 「陶芸が上手になるためには?」という質問には、「練習有るのみ!そして、楽しんでやること、目標を持つこと!何かを目指すときに一番大切にするのは生活。目標とするもののための生活をする。器用な人間はいっぱいいる。器用な人が作ったのが良い食器ではない。例えば、和食しか食べない人は洋食器を作れない。不器用な人でもその生活に合う食器が作れれば、良い食器になる。自分が劣っている、不得意だ、と思っても、得意な人よりも目標とする生活をすれば、自分のつくりたいものが見えれば一気に上手になる!」と熱く語ってくれました。

窯の写真


 

 

 

 

 

 

 

   最後に、中高生に向けて、「手仕事がカッコいいというのを見せたい。焼物がカッコいいというのを見せてやりたい。」と、メッセージをいただきました。

【第1弾】荒尾市のカフェ「Sharara」を取材!

 今回取材したのは、 コロナ禍の中、飲食業界の方々は自粛を余儀なくされ、大変な思いをされている飲食店です。地元の飲食店を取り上げることで現状をお伝えするとともに、飲食店の魅力を伝え応援したいと考えました。

カフェ「Sharara」さんの外観写真


 

 

 

 

 

 

 

 6月12日(土曜日)、荒尾市のカフェ「Sharara」さんに取材に行きました!
 7月から始まる岱志高校ラジオ番組「岱志高校青春EATS(イーツ)」。
 初回のテーマは「夏」ということで、 夏を感じるおすすめスイーツを、Shararaのオーナー様に取材しました。

お店の方と高校生2人とパフェの写真

 

 

 

 

 

 


 

パフェの写真

 

 

 

 

 

 

 


 

 おすすめのパフェは、「FFパフェ」。この「FF」とはフルーツフルーツのことで、その名の通り、季節のフルーツがてんこ盛りになっています。

取材風景の写真、カフェにて

 

 

 

 

 

 


 

 コロナ禍の中、テイクアウトなどで工夫をされながら営業をされているようですが、お客様の数が減ってしまい、苦労をされているとのことでした。
 今回の詳しい取材内容は7月15日19時からFMたんと「岱志高校青春EATS(イーツ)」にて放送されます。 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 総合政策課 政策推進室
電話番号:0968-63-1273この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る