荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

ゆっくりよく噛んで食べよう「毎月19日は食育の日」

更新日:2021年2月17日
栄養の吸収力をアップさせるには「よく噛むこと」が大切です。

子供の頃、給食の時間や家庭での食事の際、先生や親から「よく噛んで食べなさい」と言われた経験はありませんか?食べ物をよく噛むということは、食材を細かくするだけでなく、唾液の分泌を促し、消化吸収を助けてくれる役割があります。体内での栄養吸収率を上げるためにもよく噛むことが大切です。

よく噛むことの効果

よく噛むと、脳にある満腹中枢が刺激され、満腹感を得られるため、食べ過ぎを防ぎます(肥満予防)。口周りの筋肉が発達し、表情や発音をよくします。唾液が口の中の細菌を洗い流し、虫歯や歯周病を予防します。脳の血流が増え、集中力や意欲が高まるなど、様々な効果があります。

 

参考資料

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 保健センター(健康増進担当)
電話番号:0968-63-1133この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る