荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

献血について

更新日:2010年5月7日

荒尾市内において、献血活動を実施(400ミリリットルのみ)しています。

献血の場所や日程については、広報あらお(毎月1日号)をご覧ください。

関連リンク

献血の基準と種類

 

表:献血の基準と種類
種類 400ミリリットル献血 200ミリリットル献血 成分献血 
年齢18歳から69歳 16歳から69歳 18歳から69歳 
体重男女50キログラム以上 男性45キログラム以上
女性40キログラム以上 
男性45キログラム以上
女性40キログラム以上 
献血の間隔成分献血→8週間以上
400ミリリットル・200ミリリットル
→男性12週間以上
→女性16週間以上
成分献血・400ミリリットル・200ミリリットル
→4週間以上 
成分献血・400ミリリットル・200ミリリットル
→2週間以上 
  • 65歳以上の方の献血については、60から64歳の間に献血の経験がある方に限ります。

 

献血Q&A

Q 献血時間ってどれくらい?また、薬を飲んでいるとき献血はできるの?
A 受付から、問診、血圧・比重測定をおこない献血をしていただきますが、所要時間は200・400ミリリットル献血で10分位、成分献血で40から60分位です。 

なお、採血器具は使い捨てになっておりますので病気がうつることはありません。

ビタミン剤や一般的な胃腸薬、ドリンク栄養剤などの類は差し支えありませんが、それ以外は疾病や薬の種類によって献血できないことがありますので、検診医にご相談ください。

お願い

下記に該当する方には献血をご遠慮いただいております。

  1. この1年間に次のいずれか1つに該当することがあった方
    不特定多数の異性と性的接触を持った
    (男性の方)男性と性的接触を持った
    エイズ検査(HIV検査)で陽性といわれた
    麻薬・覚せい剤を注射した
  2. 輸血や臓器移植を受けたことがある方
  3. B型やC型肝炎ウィルスの保有者(キャリア)、HTLV-1抗原陽性といわれた方
  4. 3日以内に歯科治療(歯石除去を含む)を受けた方
  5. 梅毒などの性病、C型肝炎、マラリアにかかったことがある方
  6. (女性の方)現在妊娠中、授乳中の方。または6カ月以内に出産、早流産をした方

これ以外にも、安全性を確保するため、献血をお断りする場合があります。

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 母子保健係
電話番号:0968-63-1153この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る