荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

新型コロナウイルスワクチン接種券の再発行について

更新日:2021年4月19日

接種券の再発行について 

新型コロナウイルスワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととなっており、接種を受けるためには接種券が必要になります。何らかの事情により接種券を紛失、滅失、破損等した場合、原則、住民票所在地の市町村が接種券の再発行を行います。

接種券の再発行申請が必要な場合

接種券の再発行申請が必要な場合は以下のとおりとなります。

  • 接種券を紛失、滅失、破損等した場合
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合
  • 接種券が届かない場合
  • 住民票及び戸籍に記載がない場合
  • 予診のみ券を2回使った場合
  • その他接種券の発行が必要であると認められる場合

接種券の再発行申請は原則、住民票所在地の市町村に対して行いますが、住民票または戸籍に登録のない等の事情があり、住民票所在地の市町村から接種券の発行を受ける事ができないやむを得ない事情がある人は、居住地の市町村に対して申請等を行い接種券の発行を受ける事ができます。

接種券の再発行申請の方法について

接種券の再発行を希望する場合、本市に申請が必要になります。

具体的な申請方法は以下のとおりです。

1 郵送申請

「新型コロナウイルスワクチン接種券発行申請書兼接種記録確認同意書」(様式1)を記載し、郵送してください。(破損等した接種券もある場合、一緒にお送りください。)

本市において、「新型コロナウイルスワクチン接種券発行申請書兼接種記録確認同意書」を郵送により受理した場合、記載内容を確認し、不備がなければ接種券を郵送により交付します。

※「送付先住所」が「被接種者」の「住民票に記載の住所」と異なる場合は、「被接種者の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、被保険者証等)」の写しを添付していただく必要があります。

2 窓口申請

本市の窓口(新型コロナウイルスワクチン接種対策室)に「新型コロナウイルスワクチン接種券発行申請書兼接種記録確認同意書」(様式1)を提出してください。(破損等した接種券もある場合、一緒にご持参ください。)

本市において、記載内容を確認し、不備がなければ接種券を交付します。

※「送付先住所」が「被接種者」の「住民票に記載の住所」と異なる場合は、「被接種者の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、被保険者証等)」の写しを添付していただく必要があります。

3 電話による申請

本市の窓口(新型コロナウイルスワクチン接種対策室)に電話により、接種券の発行を依頼してください。

本市で聞き取った内容を確認し、不備がなければ、本人に対して接種券を郵送により送付します。

※「送付先住所」と「住民票に記載の住所」が同じ場合にのみ申請をすることができます。それ以外の方は1または2の方法で申請をしてください。

その他 

接種券の郵送は、原則住民票所在地に対して発送いたしますが、本市で所在を確認した場合や本人確認郵便等により本人の所在が確認できる場合等には、住民票所在地以外の場所に送付することも可能です。

また、接種券の再発行を行う場合は、過去の接種状況等により、接種券のシールを必要分のみ交付することや、接種済証部分の返却または接種済証の再発行等により適切に接種ができるよう対応させていただきます。

送付先住所及び宛先

送付先住所:郵便番号864-0032 荒尾市増永632番地

宛先:荒尾市新型コロナウイルスワクチン接種対策室 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


前のページに戻る