荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

熊本県独自の緊急事態宣言の解除について

更新日:2021年2月17日

 熊本県では、令和3年2月21日(日曜日)までの期間を県独自の緊急事態宣言発令期間としていたところですが、新規感染者数が減少し、病床使用率が改善したこと等を踏まえて、同年2月17日(水曜日)をもって終了し、2月18日(木曜日)から解除することとなりました。

 緊急事態宣言の解除に伴い、県有施設及び県主催イベントの取扱いに関する制限は解除されますが、施設内における感染防止対策やイベント開催に係る留意事項については、制限解除後も引き続き徹底していただきますようお願いいたします。

 (参考)
  県独自の緊急事態宣言発令に伴うイベント開催制限及び開催にあたっての留意事項(PDF 約795KB)

 

事業者及び県民への要請等

飲食店への要請

  • 県チェックリスト等を活用し、感染防止対策を講じ、ステッカー掲示を行うこと。

事業者への要請

  • 事業所の感染防止対策を講じること。
  • わずかでも発熱等の症状がある場合、確実に仕事を休ませる体制を構築すること。
  • テレワークや時差出勤を推進すること。

高齢者施設への要請

  • 県のオンライン研修等を活用し、感染防止対策を講じること。
  • 従業員にわずかでも症状がある場合、確実に仕事を休ませる体制を構築すること。
  • 入所者、従業員に症状がある場合、すぐに検査に繋げる体制を構築するとともに、感染者の早期発見の観点から一斉検査等の機会も活用すること。

県民への要請

移動
  • 感染が流行している県外への移動を控えること。
外出
  • 外出においては、感染防止対策を徹底すること。
  • わずかでも発熱等の症状がある場合、仕事を休み、すぐに受診すること。
飲食店の利用・会食等
  • 宅飲み、イベントを含み、「会食時の感染リスクを下げる4つのステップ」を遵守すること。
  • 「黙食」に努め、会話を行う際はマスクを着用すること。
  • 県内全域で、深夜遅くまでの飲酒や会合など、感染拡大につながる行動を控えること。
  • 感染防止対策が講じられていない飲食店は利用しないこと。

 

(参考)

  感染リスクを下げる4つのステップ(PDF 約844KB)

 

県独自の緊急事態宣言解除前後の要請等比較

 

表:緊急事態宣言解除前後の要請等比較
対象内容 2月8日から2月17日まで 2月18日から 
飲食店 
時短要請 
  • 熊本市中心部の22時以降も酒類を提供する飲食店等は営業時間を22時までとすることを要請 
要請解除 
その他
  • 県チェックリスト等を活用し、感染防止対策を講じ、ステッカー掲示を行うこと。
  • 県チェックリスト等を活用し、感染防止対策を講じ、ステッカー掲示を行うこと。
事業者 
イベントの開催制限等 
  • 上限人数を5000人以内かつ収容人数の50%以内とすること。
    また、開催時間の22時までの短縮や、イベント前後の会食自粛、酒類の提供を11時から19時までとすることを働きかける。
  • 人数上限は5000人以内かつ収容人数の50%以内とするが、感染防止対策を厳に徹底する条件付きで制限の一部解除が可能とする。 
その他
  • テレワーク、出勤を推進すること。
  • テレワーク、時差出勤を推進すること。
  • わずかでも発熱等の症状がある場合、確実に仕事を休ませる体制を構築すること。(特に高齢者施設)
県民 
 
外出自粛 
  • 生活や健康の維持のため必要なものを除いて、不要不急の外出・移動の自粛を要請。特に、22時以降は徹底する。また、時短要請を行っている熊本市中心部への22時以降の外出自粛は最も徹底すること。
  • 高齢者等とその同居家族は、特に不要不急の外出を避け、人との接触を控えること。
  • 外出においては、感染防止対策を徹底すること。
  • わずかでも発熱等の症状がある場合、仕事を休み、すぐに受診すること。
県境を越える移動
  • 不要不急の県境を越える移動を控えること。
  • 感染が流行している県外への移動を控えること。
会食
  • 「会食時の感染リスクを下げる4つのステップ」を実践し、安全な会食の工夫をする。
  • 5人以上の会食(宅飲みを含む)を自粛すること。(会食は、子ども、介助者等を除き4人以下の単位とすること。ただし同居者のみの場合はこの限りではない)
  • 普段顔を合わせていない方との会食は、極力控えること。
  • ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策が講じられていないホストクラブやキャバクラ等の接待を伴う飲食店は利用しないこと。
  • 宅飲み、イベントを含み、「会食事の感染リスクを下げる4つのステップ」を遵守すること。
  • 「黙食」に努め、会話を行う際はマスクを着用すること。
  • 県内全域で、深夜遅くまでの飲酒や会合など、感染拡大につながる行動を控えること。
  • ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策が講じられていない飲食店は利用しないこと。
県有施設
  • 開館時間を22時までとし、収容人数が定められている施設については、人数上限5000人以内、収容率を50%以内とする(イベントを含む)。また、熊本県主催のイベントを中止または延期する。

要請解除(感染防止対策は引き続き徹底)

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 母子保健係
電話番号:0968-63-1153この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る