荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

「レベル4特別警報」熊本県リスクレベル

更新日:2020年12月2日

*熊本県のリスクレベルにつきましては、10月24日に開催された熊本県・熊本市新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、基準の改定が適当と認められたことから、10月28日からのリスクレベルは「レベル0平常」から「レベル5厳戒警報」の6段階で示されることとなりました。

 県リスクレベル(令和2年10月改定)

      リスクレベル(R2.10改定)(PDF 約366KB)

 

 県内における直近1週間(11月24日から11月30日)の新規感染者は59名(前週は46名)、そのうちリンクなし感染者が28名(前週は18名)確認されました。

 よって、県内の発生状況を踏まえて総合的に判断した結果、12月1日からのリスクレベルは「レベル4特別警報」に引き上げられます。

 県内では、継続的に新規感染者が確認されているものの、全国の大都市等で見られているような急激な感染拡大は見られていないほか、医療提供体制も逼迫している状況ではありません。

 また、県では従前からレベル4で講じるべき対策を先回りして実施し、備えていました。

 レベル4の対策の詳細については、12月3日に開催する県対策本部会議にて取りまとめ、発表を行うこととされています。

 県民の皆様には、引き続き警戒感を持って感染防止対策を実施していただきますようお願いいたします。

 また、感染拡大を防ぐためにも、発熱等の症状がある場合、仕事を休み、すぐにかかりつけ医療機関等身近な医療機関に電話のうえ、受診していただくようお願いいたします。

(参考)

   医療機関の受診に関するお願い 

 

県民の皆様への要請

1)最も重要なお願い

  • 症状がなくても、外出時の屋内ではマスクを着用してください。
  • こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。
  • 発熱時は仕事等を休み、すぐにかかりつけ医等に電話相談をしてください。

2)基本的な対策及び考え方

  • 「新しい生活様式」の実践をお願いします。
  • コロナウイルス検査を受ける時や感染者との濃厚接触疑い時などに、保健所から自宅待機を指示された場合は、指示を守っていただきますようお願いします。
  • マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策の徹底をお願いします。
  • 帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者と部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策を徹底してください。
  • 厚生労働省がリリースした接触確認アプリの、積極的な活用をお願いします。

3)外出について

  • 「3つの密」のある場及び感染が流行している地域への移動は控えてください。
  • 発熱やかぜの症状がある場合は外出を控え、特に会食等に参加しないようにしてください。
  • 高齢者、基礎疾患を有する方及びその御家族の方は、外出の際は感染防止対策を特に徹底してください。

4)飲食店等、営業施設の利用について

  • ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策のできていない店舗については、利用を控えてください。

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 母子保健係
電話番号:0968-63-1153この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る