荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

新型コロナウイルス感染症についてのお願い

更新日:2020年7月27日

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症については、東京都や大阪府など都市部を中心に感染者発生が続いておりましたが、県内においても7月に入り感染者数が急増しています。

 有明保健所管内(荒尾市、玉名市、玉名郡)においても、本市職員の感染、長洲町の企業でのクラスターの発生、また、隣接する大牟田市でも、連日のように感染者が発生している状況です。

 市民の皆様におかれましては、「感染しない」「感染させない」ことに留意し、これまで以上に感染予防対策を徹底していただくとともに、県や市等が発信する情報をご確認いただき、冷静な行動をとっていただきますようお願いいたします。

基本的な感染対策を徹底しましょう。

  • こまめに手洗いや手指消毒等をしましょう。帰宅後は、手洗い、うがいのあと、できるだけすぐに着替え、顔を洗ったりシャワーを浴びる等しましょう。
  • 外出時や人と接触する際はマスクを着用しましょう。(熱中症予防のため、人との距離を保ちながら適宜休憩をとりましょう)
  • 毎日検温するとともに体調を確認し、体調不良時は、無理をせずに療養しましょう。

3つの密を避ける行動を心がけましょう。

(1)密閉を避ける

  • 室内においては、1時間に1回は換気をしましょう。
  • 空気の流れを作るために、複数のドアや窓がある場合は二方向を開放しましょう。入口や窓が一か所しかない場合は、換気扇や扇風機等を活用しましょう。

(2)密集を避ける

  • 多くの人が集まるような場所への外出は控えましょう。

(3)密接を避ける

  • 近い距離での会話や、発声を伴う活動等は控えましょう。
  • 人との距離は、できるだけ2メートル(最低1メートル)空けましょう。

感染しないための行動を心がけましょう

  • 感染が流行している地域への移動や、流行地域からの移動は控えましょう。
  • 多人数での会食や会合等は控えましょう。

体調が悪い場合は

  • 発熱や倦怠感等がみられる場合は、外出を控えましょう。感染が疑われる場合は、県専用相談窓口(電話番号:096-300-5909)までご相談ください。

新型コロナウイルス感染症接触アプリ(COCOA)を活用しましょう

 本アプリは、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるアプリです。

 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができ、利用者が増えることで感染拡大の防止につながることが期待されます。

 自分を守り、大切な人を守り、地域と社会を守るために、接触確認アプリ(COCOA)を活用しましょう。

 ※アプリのインストールの方法は、厚生労働省のホームページ(外部リンク)よりご確認いただけます。

企業の皆様へ

 この度、企業においてクラスターが発生する事例が起こっております。

 各企業におかれましては、国が作成した「業種別ガイドライン」及び県が作成した「感染防止対策チェックリスト」をご活用いただき、更なる感染防止に努めていただきますようお願いいたします。

業種別ガイドライン

業種別ガイドライン(PDF 約451KB) 

感染症対策チェックリスト(熊本県ホームページ)

感染症対策チェックリスト(外部リンク)


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 母子保健係
電話番号:0968-63-1153この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る