荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

牛レバーを生食するのは、やめましょう

更新日:2012年5月16日

レバー(肝臓)の内部からも腸管出血性大腸菌が検出されたことが報告されています。

生食用牛レバーの取扱いについて、食品衛生法の規格基準を設定するまでの間は、

次の事項に十分注意しましょう。

関係事業者の皆様へ

引き続き、牛レバーを消費者へ生食として提供するのはやめましょう。

消費者の皆様へ

牛レバーを食べる場合は、生ではなく、中心部まで十分に加熱してください。

関連リンク



 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 母子保健係
電話番号:0968-63-1153この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る