荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

「国分科会ステージ3(レベル5厳戒警報)」県リスクレベル

更新日:2021年9月17日


  9月9日(木曜日)から9月15日(水曜日)までの新規感染者数は340名、うちリンクなし感染者数が105名であったことから、感染状況を踏まえ、総合的に判断した結果、本県の感染状況は国のステージ3(レベル5厳戒警報)とされました。

 本県の感染者数の減少傾向は継続しており、病床使用率にも減少が見られ始めました。懸念されていた学校における感染拡大については、限定的な感染は起こっていますが、クラスター連鎖等には至っておらず、各校の対策が奏功していると考えられます。

 今回、国ステージが3に引き下げられたことを踏まえ、現在行われている対策の一部緩和の検討が開始されます。まずは、熊本市の飲食店に対する酒類の提供自粛について、三連休の間も減少傾向が継続した場合、認証店に限って条件付きの緩和が検討されます。

 ただし、現状はまん延防止等重点措置の期間内であり、感染者数を更に抑え込む必要があります。

 市民・事業者の皆さまには、引き続き、基本的な感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。特に、これまでも連休を契機とした感染拡大を経験していることから、明日からの三連休の対策には油断のないようお願いします。

 

 残念ながら、感染者やその御家族、医療従事者の方々の中に、差別を受け、苦しんでいる方がおられます。新型コロナウイルス感染症には、誰もがどこでも感染する可能性があります。

 感染された方やその御家族、職場関係の方々に責任はありません。不当な扱いや嫌がらせ、誹謗・中傷などは絶対にないよう、お願いします。

対策・要請の内容(令和3年8月8日から9月30日まで)

基本的な感染防止対策の徹底

  1. 症状がなくとも、マスク着用
  2. こまめな手洗い・手指消毒
  3. 発熱等の症状がある場合は、仕事などを休み、すぐに医療機関を受診してください。

移動・外出(県全域)

  • 県内で感染が拡大している現状を踏まえ、感染機会を半減させるため、混雑した場所等への外出は、機会や人数を半分にするなどの対応をお願いします。(8月20日から)
  • 全ての県外への不要不急※の移動を控えてください。(特に、緊急事態措置区域との往来は厳に控えてください。)
  • 県外に在住する家族や親せき、友人等に対して、本県への帰省や旅行を控えるよう呼びかけてください。
  • 日中を含めた不要不急※の外出を控えてください。(特に、午後9時以降は徹底してください。)
  • 路上、公園等での集団飲酒等はしないでください。
     

※医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持に必要な場合を除く

会食について(県全域)

  • 会食は、宅飲みを含み、感染リスクを最小化するために、下記に留意して実施してください。
    1.なるべく普段から一緒にいる人と
    2.人数を絞って
    3.「会食事の感染リスクを下げる4つのステップ」を遵守して
  • 県内全域で、深夜遅くまでの飲酒や会合など、感染拡大につながる行動を控えてください。
  • 感染防止対策が講じられていない飲食店は利用しないようお願いします。

 

 (参考)

会食時の感染リスクを下げる4つのステップ(PDF 約844KB)

 

飲食店事業者の皆様への要請

営業時間短縮の要請(熊本市を除く)

  • 対象施設:午後8時以降も営業する全ての飲食店
  • 期間:令和3年8月8日(日曜日)から9月30日(木曜日)まで
  • 要請内容:午後8時から翌日午前5時までの間、施設内に設けた客席の使用を伴う営業をしないよう要請します。(酒類提供ラストオーダー、客による持ち込みは、午後7時まで)

 

イベント開催(県全域)

  • 期間:令和3年8月8日(日曜日)から9月30日(木曜日)まで
  • 要請内容:参加人数は、下記の【人数上限】、【収容率】のいずれか小さい方に制限してください。

       営業時間は午後9時までとしてください(無観客で開催されるものを除く)。

 

表:イベント開催時の人数制限
人数

 1 大声での歓声・声援がない

  ことを前提としうる場合

2 大声での歓声・声援がない

  想定される場合

 人数上限   5,000人
収容率 

 要件※1を全て

満たす場合

 100%以内

50%以内※2 

満たさない場合  50%以内※2

※1:これまでクラスターなどが生じておらず、適切な感染防止対策が徹底されていることについての要件

※2:異なるグループ又は個人間では座席を1席空けることとしつつ、同一グループ(5人以内に限る)内では座席等の間隔を設ける必要はない。すなわち、収容率は50%を超えることもありうる。

【チケット販売の取扱い】

 9月13日(月曜日)から30日(木曜日)までに開催される人数上限5,000人又は収容率50%のいずれかを上回るイベントのチケットを既に販売済の場合は、9月13日(月曜日)以降の新規販売を停止してください。それ以降については、上記の条件を満たすもののみの販売を可とします。

 

集客施設等への要請(県全域)

 期間:令和3年8月8日(日曜日)から9月30日(木曜日)まで

営業時間短縮の協力要請

対象施設:新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令第11条第1項各号に掲げる次の施設のうち、午後9時以降も開業する施設

 

表:対象施設
 施設の類型施設の種類 施設例 
 イベント関連施設等※  
劇場等  劇場、観覧場、映画館、演芸場 など
 集会場等

 集会場、公会堂、展示場、貸会議室、文化会館、多目的

ホール など

ホテル等ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る。)

 イベントを開催する場合

がある施設※

 運動施設

体育館、スケート場、水泳場、屋内テニス場、柔剣道場、

ボウリング場、テーマパーク、遊園地、野球場、ゴルフ

場、陸上競技場、屋外テニス場、ゴルフ練習場、バッティ

ング練習場 など

 博物館等

 博物館、美術館、科学館、記念館、水族館、動物園、

植物園 など

 参加者が自由に移動でき

入場整理等が推奨される

施設

 遊技場

 スポーツクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、マージャ

ン店、パチンコ屋、ゲームセンター など

 遊興施設

 個室ビデオ店、個室付浴場業に係る公衆浴場、射的場、

勝馬投票券販売所、場外車券売場 など

 物品販売業

を営む店舗

 大規模小売店、ショッピングセンター、百貨店、家電量

販店 など(生活必需物資を除く)

 サービス業

を営む店舗

 ネイルサロン、エステティック業、リラクゼーション業

など(生活必需サービスを除く)

内容:不要不急の外出自粛の徹底および施設における感染を防ぐため、午後8時から翌日午前5時までの間、施設を使用しないよう要請します。(イベント開催時及び映画館については午後9時から翌日午前5時)

混雑を避けるための対応の協力依頼(8月20日から)

 床面積が1,000平方メートルを超える物品販売業を営む店舗(大規模小売店、ショッピングセンター、百貨店、家電量販店など)においては、混雑が生じるような場合には、入場者が密集しないよう整理誘導等の実施に御協力をお願いします。また、特に混雑が予想される場合は、入場者の人数制限の実施も御検討ください。

 なお、密が生じる可能性がある環境(慢性的に人流が多い・換気がしにくい環境にある等)にある食品売り場については、特に上記の対策を徹底してください。

 入場者の整理状況については、ホームページ等を通じて広く周知してください。

その他

事業者の皆様への要請

  • 業種別ガイドラインの遵守
  • テレワーク、時差出勤などの取組の協力依頼
  • 職場における感染防止のための取組徹底の協力依頼

 

県有施設

  • 県有施設(図書館、美術館、装飾古墳館を除く)を基本的に休館し、予約済みのものについても、開館時間を午後8時まで(イベント開催時は午後9時まで)とします。

学校

  • 大学を含む学校に対して、部活動や課外活動における感染リスクの高い活動の制限又は自粛の徹底、学校の感染状況に応じて、時差登校、時間短縮、臨時休業、オンライン授業の実施等を要請します。

保育所等

  • 保育所等における感染防止のための取組み(職員のマスク着用、手洗いや手指消毒、換気励行等】徹底の協力依頼
  • 保育室や通園バスなど密になりやすい場面での感染防止対策徹底の協力依頼 

 

(参考)熊本県ホームページ

新型コロナウイルス感染症対策に係る国分科会ステージ及び熊本県リスクレベルについて(外部リンク)
 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 保健センター
電話番号:0968-63-1133
     0968-63-1153この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る