荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

熱中症に気を付けましょう!

更新日:2020年8月17日

熱中症に注意という文字が書いてあるバナー画像

 


 


 

連日、最高気温が35度を超える猛暑日が続いています。今後も高い気温が続く見込みとなっており、熱中症のリスクが高い環境となっています。

今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための外出自粛やマスク着用が影響し、例年よりも熱中症にかかりやすいといわれています。

 命に危険がおよぶこともある熱中症ですが、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐ事が可能です。

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境に、私達の身体がうまく適応できない事で生じる様々な症状の総称です。屋外だけでなく室内でも熱中症になる場合があります。

熱中症は適切な予防法で防ぐ事ができ、万が一熱中症になっても、適切な処置で回復する事が出来ます。

周囲の人と声を掛け合いながら、熱中症による健康被害を皆で防ぎましょう。

 

熱中症の症状について

症状は、1度(軽症)、2度(中等症)、3度(重症)の三段階あります。

  • 1度(軽症)
    めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらないなど
  • 2度(中等症)
    頭痛、吐き気、身体がだるい(倦怠感)、虚脱感など
  • 3度(重症)
    意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対して返事がおかしい、まっすぐ歩けない、走れないなど

 

予防について

熱中症予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」「暑さに負けない身体作り」が大切です。

1.こまめに水分補給しましょう

室内でも屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を行いましょう。また、たくさん汗をかいた時、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)やスポーツ飲料は、塩分と水分が同時に補給出来るので効果的です。

※ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、その指示に従いましょう。

※アルコールには利尿作用があるため、水分補給にはなりません。

2.暑さを避けましょう

室内では
  • 扇風機やエアコンで、温度・湿度を調節
  • 室温があがりにくい環境作り(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
  • 室温をこまめに確認
外出時は
  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷材、氷、冷たいタオルなどで、身体を冷やす

 

3. 暑さに負けない身体作りをしましょう

  • バランスの良い食事を摂りましょう。
  • しっかりと睡眠が取れるような快適な睡眠環境作り(吸水性や通気性の良い寝具や、エアコン・扇風機を適度に使うなど)

 

特に注意が必要な人

子どもや高齢者は、特に注意が必要です。

1. 子ども

子どもの特徴

子どもは大人よりも身長が低く、地面からの照り返しにより、大人が感じている暑さよりもさらに暑さを感じます。また、子どもは体温の調節機能が十分に発達していません。

注意するポイント
  • 顔色や汗のかき方など、普段から気にかけてください。
  • 遊びの最中には、必要に応じて水分補給や休憩をとらせましょう。

 

2.高齢者

高齢者の特徴

熱中症患者のおよそ半数は、65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくく、暑さに対する身体の調節機能が徐々に低下しているのが特徴です。

注意するポイント
  • 室温をこまめにチェックしましょう。
  • のどが渇かなくても水分補給をしましょう。
  • ご本人だけでなく、ご家族や近所の方も含めて熱中症対策に取り組みましょう。

 

熱中症が疑われる人を見かけたら

1.涼しい場所へ避難させる

エアコンが効いている室内や、風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

2.身体を冷やす

衣服をゆるめ、身体を冷やす。(特に、首の周り、わきの下、足の付け根など)

3.水分補給

水分・塩分、経口補水液などを補給する

4.自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

 

注意点

暑さの感じ方は、人によって異なります。

その日の体調や、暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気を付けましょう。

節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください。

気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

 

暑さ指数(WBGT)を用いた熱中症予防

暑さ指数とは、熱中症予防を目的に、1.湿度、2.日射などの外部からの熱、3.気温の3つを取り入れた指標の事です。

「環境省熱中症予防情報サイト」にて暑さ指数の予測値・実況値を知ることが出来ます。

熱中症予防の参考にしてください。

 

新しい生活様式における熱中症の予防について

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症予防について(サイト内リンク)


 新型コロナウイルス感染拡大防止の一層の推進

感染拡大防止には市民や事業所の皆様が一丸となって感染拡大防止対策に継続して取り組んでいくことが重要です。

 自分自身そして大切な人を守るために、あらためて「人にうつさない」「人にうつされない」そして「感染しているかもしれない」という強い意識を常に持ち、次のような行動に努めてください。

  1. マスク着用、こまめな手洗い、人との距離の確保、三密の回避など、「新しい様式」を実践してください。
  2. 無症状の方が多い若い世代の感染が広がっているため、若い世代の方は、高齢者など重症化しやすい方に感染を広げないようおひとりおひとり慎重に行動してください。
  3. 外出にあたっては、ご自身の健康状態はもとより、目的地の感染状況、利用する施設や店舗の感染防止対策を確認し、その必要性を判断してください。
  4. 発熱等の症状がある場合は、外出を控えてください。
  5. ご自身の感染防止対策を徹底するとともに感染防止対策が不十分な場所への外出は避けてください。
  6. とりわけ、「接待を伴う飲食店」での業種別の感染拡大防止ガイドライン等を遵守していない店の利用は控えてください。
  7. 接触確認アプリ「COCOA」を積極的に利用してください。

熱中症についての関連リンク

厚生労働省
環境省
気象庁
総務省消防庁

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 すこやか未来課 健康増進係
電話番号:0968-63-1133この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る