荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

養介護施設従事者等による高齢者虐待の防止に係る体制整備に関する調査結果を公表します

更新日:2018年8月15日

荒尾市では、平成30年7月に市内の養介護施設及び地域密着型サービス事業所を対象に「高齢者虐待の防止に係る体制整備に関する調査」を実施しました。

高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(以下、高齢者虐待防止法という。)第20条には、“養介護施設の設置者及び養介護事業を行う者は、従事者に対する研修の実施の他ほか、利用者や家族からの苦情処理体制の整備その他従事者等による高齢者虐待の防止のための措置を講じるものとする”と規定されています。

この調査では、市内の養介護施設及び地域密着型サービス事業所において、高齢者虐待防止法の規定に基づく虐待防止の体制がどれだけ整備されているかを把握し、今後の虐待防止のための一層の体制整備や取組の強化に役立てていただくことを目的としています。

 

調査結果

養介護施設従事者等による高齢者虐待の防止に係る体制整備に関する調査結果(PDF 約126KB)

今後の取組

荒尾市では、今回の調査結果を踏まえた各事業所へのフォローをはじめ、見えてきた課題について、今後の高齢者虐待防止を含む権利擁護事業の施策を検討する際の参考にしていきます。

用語の解説

「養介護施設従事者等」とは、老人福祉法及び介護保険法に規定される「養介護施設」もしくは「養介護事業」(以下、養介護施設・事業所という。)の業務に従事する人のことを指します。 

「養介護施設・事業所」の具体的な範囲は以下の表のようになります。なお、「従事者等」とは、養介護施設・事業所の業務に従事する人であり、直接介護に携わる職員とは限りません。

 

表:高齢者虐待防止法に定める「養介護施設従事者等」の範囲
 規定養介護施設 養介護事業 

養介護施設

従事者等 

老人福祉法

に定める規定

老人福祉施設

有料老人ホーム 

老人居宅生活支援事業 

養介護施設

または

養介護事業の

業務に従事する者 

介護保険法

に定める規定

介護老人福祉施設

介護老人保健施設

介護療養型医療施設

介護医療院

地域密着型介護老人福祉施設

地域包括支援センター

居宅サービス事業

地域密着型サービス事業

居宅介護支援事業

介護予防サービス事業

地域密着型介護予防サービス事業

介護予防支援事業 

養介護施設

または

養介護事業の

業務に従事する者

  


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 地域包括支援センター
電話番号:0968-63-1177この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事