荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

介護保険財政の仕組み

更新日:2018年4月1日

荒尾市で利用されている介護サービスの費用は、利用者の自己負担分のほか、公費と介護保険料から成り立つ財源で賄われています。

公費と介護保険料の財源内訳

 

表:公費と介護保険料の財源内訳
 項目負担割合
公費国の負担金

施設費の15%

居宅費の20%

32.5%
都道府県の負担金

施設費の17.5%

居宅費の12.5%

市町村の負担金12.5%
調整交付金(※)5%
保険料第1号被保険者の保険料23%
第2号被保険者の保険料27%

※財政調整交付金は、全国平均が5%ですが、市町村の後期高齢者の割合や高齢者の所得水準により、0から10%の範囲で設定されます。そのため、財政調整交付金の交付割合によって第1号被保険者の負担割合は増減します。


関連リンク

 

 


 

 

 


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 介護保険係
電話番号:0968-63-1418この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る