荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

国民年金に加入しましょう

更新日:2014年5月13日

昭和61年4月の年金制度改正により、国民年金は、すべての人に共通の「基礎年金」として支給されます。このため、学生・会社員や公務員・その配偶者も「強制加入」となりました。なお、厚生年金や共済年金に加入している人には、基礎年金の上乗せとして、報酬比例の年金が支給されます。

国民年金に加入しなければならない人

1.第1号被保険者

農林漁業・商業等の自営業者の人と、その家族、学生や無職の人も20歳から60歳までの間、国民年金に加入することになっています。本人や家族の方が、保険介護課窓口で加入の手続きをしてください。

2.第2号被保険者

会社や役所等に勤める人は、厚生年金や共済年金に自動的に加入しますが、同時に、国民年金にも加入していることになります。手続きについては、加入している制度が一括しておこないます。

3.第3号被保険者

厚生年金保険や共済組合に加入している人(第2号被保険者)に扶養されている妻や夫。第3号被保険者に該当した場合は、配偶者である第2号被保険者が雇用されている事業所より事業主を経由して、事業所を管轄する年金事務所に提出されます。

4.希望すれば、第1号被保険者として任意加入できる人

海外で生活している20歳以上65歳未満の日本人。60歳以上の人で、資格期間(300月)を満たすまで、 70歳までは加入することができます。

その他(関連リンク)


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 国保年金係
電話番号:0968-63-1327この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る