荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

特定疾病療養受療証

更新日:2021年1月1日

「人工腎臓を実施している慢性腎不全」や「血友病」または「抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群」(HIV感染を含み厚生労働大臣が認める者に限る)などの、高額の治療を長期にわたり継続しなければならない人は、国保の窓口で申請して認められれば、1カ月の1医療機関での自己負担限度額が1万円(注意事項※1)になる「国民健康保険特定疾病療養受療証」を交付します。

(注意事項※1)
70歳未満で人工腎臓を実施している慢性腎不全の方で上位所得者(国民健康保険の算定の基礎となる基礎控除後の所得金額の合計が600万円を超える世帯)は2万円

 届出に必要なもの

本人確認書類(マイナンバーカード,国民健康保険証など)、国民健康保険特定疾病認定申請書(医師の意見書欄は主治医の先生が記入)


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 国保年金係
電話番号:0968-63-1327この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る