荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

更新日:2021年7月30日

マイナンバーカードの健康保険証利用

 令和3年10月までにマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになる予定です。医療機関で国民健康保険被保険者証を提示しなくても、マイナンバーカードを医療機関に設置されたカードリーダーにかざすだけで医療機関を受診することができます。

 ただし、マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには事前に利用申込が必要です。利用申込はマイナポータルから行うことができます。

 マイナポータル(外部リンク)

 

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリット

  • 就職や転職、引っ越し等で保険者が変わっても、保険証の切り替えを待たずにマイナンバーカードで受診できます。
  • オンラインによる医療保険資格の確認により、原則として限度額適用認定証などの書類の持参が不要になります。
  • マイナポータルで、特定健診の結果を閲覧できるようになります。また、患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで特定健診の情報を確認できるようになります。
  • マイナポータルで、医療費情報を確認できるようになります。確定申告の医療費控除にも利用できるようになります。

詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください

マイナンバーカードの保険証利用について(外部リンク)

マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局についてのお知らせ(外部リンク)

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 国保年金係
電話番号:0968-63-1327この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る