荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

新型コロナウイルス感染症の影響等により納税が困難な人に対する市税の猶予制度

更新日:2021年2月4日

市税の猶予制度

市税を一時に納付することができない場合で一定の要件に該当する人は、1年以内の期間に限り、猶予を受けることができる場合があります。 詳しくは、収納課(電話番号:0968-63-1362)にご相談ください。

※減免ではないため、猶予の期限までに納付していただくことになります。

※原則として、1年の範囲内で毎月分割納付が必要となります。

徴収猶予の「特例制度」は終了しました

新型コロナウイルス感染症の影響による徴収猶予の「特例制度」は、申請期限である令和3年2月1日をもって終了いたしました。

現在、徴収猶予の特例を受けている方は、猶予の期限をご確認いただき、お忘れなきようお願いいたします。

徴収猶予の特例を受けられた人へ、猶予の期限にご注意ください(PDF 約417KB)

※納期限が令和3年2月2日以降の税目について徴収猶予を受けるためには、以下のとおり改めて申請が必要です。

 

徴収の猶予

新型コロナウイルス感染症に関連する以下のようなケースに該当する場合は、猶予制度がありますので、収納課にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症の影響等により納税が困難な人に対する地方税における猶予制度(PDF 約440KB)

(ケース1)災害により財産に相当な損失が生じた場合

新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたことにより、備品や棚卸資産を廃棄した場合など

(ケース2)ご本人又はご家族が病気にかかった場合

納税者ご本人又は生計を同じにするご家族が病気にかかった場合

(ケース3)事業を廃止し、又は休止した場合

納税者が営む事業について、やむを得ず休廃業をした場合

(ケース4)事業に著しい損失を受けた場合

納税者が営む事業について、利益の減少等により、著しい損失を受けた場合

徴収の猶予が認められると
  • 1年を限度に市税の徴収が猶予されます。
  • 新たな督促や差押え、換価などの滞納処分が行われません。
  • すでに差押えを受けている場合は、申請により差押えが解除される場合があります。
  • 徴収の猶予が認められた期間中の延滞金の全部又は一部が免除されます。

 

申請による換価の猶予

新型コロナウイルス感染症の影響等により、市税を一時に納付することができない場合、申請による換価の猶予制度がありますので、収納課にご相談ください。

換価の猶予が認められると
  • すでに差押えを受けている財産の換価(売却)が猶予されます。
  • 差押えにより事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがある財産については、新たな差押えが猶予(又は差押えが解除)される場合があります。
  • 換価の猶予が認められた期間中の延滞金の一部が免除されます。

 

申請の手続き

猶予の申請に当たっては、以下の書類を提出してください。市役所収納課窓口での申請のほか、郵送又はeLTAXによる申請も受け付けます。

※該当するケースによりご用意いただく書類が異なりますので、収納課へお問い合わせください。

猶予申請書(EXCEL 約40KB)

財産収支状況書(EXCEL 約41KB)

収支の明細書(EXCEL 約55KB)

財産目録(EXCEL 約40KB)

※eLTAXからの申請については、下記のリンクよりご確認ください。

徴収の猶予等の電子申請について(外部リンク)(地方税共同機構のホームページが開きます)

 

国税の猶予制度

※国税の猶予制度については、下記のリンクよりご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ(外部リンク)(国税庁のページが開きます)

熊本県税の猶予制度

※熊本県税の猶予制度については、下記のリンクよりご確認ください。

県税の納税が困難な方には猶予制度があります。(外部リンク)(熊本県のページが開きます)


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 収納課 整理係
電話番号:0968-63-1362この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る