荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

納税Q&A

更新日:2011年5月10日

Q.どうして納税しなければならないのですか? 納税の義務とは何ですか?

A.私たちのくらしには、さまざまな分野で多くの資金を必要とします。

その資金は、税金としてみんなで公平に負担するよう、日本国憲法第30条で納税を国民の義務として定めています。
集められた税金は、行政サービスの貴重な財源となり、私たちのくらしをより便利に、より快適にするため使われます。たとえば、市道、公園管理、リサイクル、ごみ処理、育児、教育、社会福祉、地域活動、防災防犯など様々な分野で活用されています。
また、国民健康保険税は、荒尾市の国民健康保険制度を支える貴重な財源です。

 

Q.保険証を使わないのにどうして国民健康保険税は払わなくてはならないのですか?

A.日本の健康保険制度は、国民皆保険の助け合いの制度ですので国民全員がいずれかの公的医療保険に加入しなければならず、医療機関等で受診しない場合でも、それぞれの収入などに応じて経費を負担しなければなりません。
また、必ずいずれかの保険に加入しなければならないことから、無保険期間が生じないように国民健康保険の資格を得ることになります。 そのため、他の健康保険(職場の健康保険組合や共済組合など)を脱退されてから、遅れて届出をされると、さかのぼって納税していただくことになりますので、速やかに手続をしましょう。ほかに脱退、変更などがあった場合も、加入者自ら届出をする必要があります。

関連リンク

 

Q.税金はどこで納めたらいいですか?

A.納税通知書(納付書)をご持参の上、市役所もしくは下記の金融機関等で納付できます。
◎下記の金融機関などの本店・本所および全国の支店・支所等で納めることができます。

  • 肥後銀行(荒尾市役所内派出所を含む)
  • 玉名農業協同組合
  • 熊本銀行
  • 熊本中央信用金庫
  • 九州労働金庫
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 三井住友銀行
  • 大牟田柳川信用金庫
  • 市民サービスセンター(あらおシティモール内)

◎ゆうちょ銀行および郵便局

※ゆうちょ銀行および郵便局について、丸の中に公の印字付納付書での納付は、沖縄県を除く九州管内に限られます。

納付書の納期限(使用期限)が過ぎた場合や納付書を紛失した場合などは、収納課までご連絡ください。

Q.忙しくて納税に行けません。どうすればよいですか?

A.口座振替をおすすめします。口座振替は一度手続をされると、中止の申出をされるまで、毎年継続して自動的に口座振替できます。(ただし、名義変更・世帯主変更した場合など、再度手続が必要な場合があります。)
また、平成23年度から、あらおシティモール2階にある市民サービスセンターでも納税いただけるようになりました。こちらは、土曜日・日曜日・祝日でも午前10時30分から午後7時まで納税が可能です。納付書の再発行はできませんので、納期限(使用期限)内の納付書をご持参ください。なお、納期限(使用期限)が一日でも過ぎた納付書は、他の金融機関と同じようにお取り扱いできませんのでご注意ください。
納期限お知らせメール配信サービスがありますので、ぜひご利用ください。

関連リンク

 

Q.納期内に納税できません。滞納が続くとどうなりますか?

A.納期限を過ぎますと、納期限の翌日から延滞金の計算が始まります。これは、納期内に納付された納税者との公平性を保つためです。

また、納期限後20日以内に督促状が発送され、督促状には一律100円の督促手数料が加算されます。 督促状が発送された後も滞納を放置されると差押えなどの滞納処分の対象となります。

関連リンク

Q.滞納処分とは何ですか?

A.督促状を発してもなお完納されない場合は、滞納者の財産を調査し、発見した財産を差し押さえ、滞納している税金に充当します。
この一連の手続のことを滞納処分と言います。荒尾市では、まず文書や電話、訪問による催告などでお知らせしています。
それでも、再三の催告に応じず納付やご連絡がない場合などは、財産を調査し、差押えを行います。差押えの対象となる財産は動産・不動産・給与・生命保険・預貯金などです。現金以外の差押え物件は、税金に充当するために、公売により現金化されることになります。
納税が困難な場合は必ずご連絡をください。

関連リンク

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 収納課 整理係
電話番号:0968-63-1362この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事