荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

住民票や戸籍の不正取得は犯罪です

更新日:2017年12月1日

身元調査をするために、調査業者などに依頼して、住民票や戸籍を不正に取得するなど、人権にまつわるさまざまな事件が発生しています。

住民票や戸籍の不正取得を防ぐため、自身の住民票や戸籍を取得する際でも、運転免許証などの身分証明書を提示していただき、本人確認を行っています。

第三者が他人の住民票や戸籍を取得できるのは、遺産相続や行政への手続きに必要な場合など、正当な理由がある場合だけです。その際も本人確認や委任状などの確認を行っています。

不正に住民票や戸籍を取得すると、刑罰の対象になります。個人情報を保護するためにも、本人確認へのご協力をお願いします。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 市民課 市民係
電話番号:0968-63-1302この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る