荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

文化財を守る! 宮崎兄弟の生家にて防火訓練をおこないました

更新日:2016年12月27日

茅葺屋根に放水する様子の写真資料館へ放水する様子の写真設備点検指導の様子の写真平成29年1月26日(木曜日)の「文化財防火デー」に合わせて、宮崎兄弟の生家施設でも同日に、資料館2階のテレビ付近から出火したという想定で防火訓練を実施しました。

施設職員が来館者を安全な場所へ誘導し、文化財(疑似)の運び出しや放水銃を使い消火作業をするなど、本番さながらの訓練となりました。また、飛び火を防ぐため、生家の茅葺屋根にも放水を行いました。

訓練に参加することで防火に対する認識を高めるとともに、文化財に携わる者として「文化財を守り、後世に残す」ことの大切さを再認識する機会となりました。

これからも、荒尾の宝である宮崎兄弟の生家施設を大事に守っていきます!


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 文化企画課 世界遺産・文化交流室
電話番号:0968-63-1274この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る