荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

建物の耐震化を支援します

更新日:2020年4月1日

熊本県戸建て木造住宅耐震診断士派遣事業

熊本県では、今後の地震に備え、県民の皆さんが安心して住み続けられる住まいの確保を図るため、戸建て木造住宅の耐震診断を実施しています。

対象住宅

熊本県内の戸建て木造住宅(熊本市を除く)

要件 

昭和56年5月31日以前に建築された戸建て木造住宅。または平成28年熊本地震で被害を受けた木造住宅。

※熊本地震による被害については、り災したことが確認できる書類等が必要となります。

診断費用

図面あり:5,500円(図面は住宅の筋かいなどの位置がわかるもの)

図面なし:19,000円

申し込み方法

申請書を熊本県建築住宅センターへ提出(持参または郵送)してください。

申込書は熊本県建築住宅センターの窓口やホームページ、各広域本部、荒尾市役所建築住宅課で取得できます。

申し込み先:一般財団法人 熊本県建築住宅センター

郵便番号:862-0950 住所:熊本県熊本市中央区水前寺6丁目32-1

電話番号:096-385-0771

ファックス番号:096-285-6966

その他

申込期間や事業内容など、詳しくは下記の熊本県のホームページ・熊本県建築住宅センターのホームページよりご確認いただけます。

 

荒尾市戸建木造住宅耐震改修等事業

荒尾市では、「荒尾市建築物耐震改修促進計画」に基づき、民間建築物の耐震化を促進し、地震による被害の軽減を図り、市民の生命、身体及び財産を保護すると共に、安全で安心なまちづくりに取り組むため、昭和56年5月31日以前に着工された住宅や、地震により一部損壊以上の被害が出た住宅の所有者等に、耐震改修など費用の一部を補助します。また、「荒尾市耐震化緊急促進アクションプログラム2020」を策定し、市内住宅のさらなる耐震化促進に取り組みます。

詳しくは下部の関連資料をご確認ください。

事業の内容

 

表:荒尾市耐震化支援事業補助一覧
事業内容補助率  補助上限額事業の説明 
耐震診断(精密診断) 3分の1

 9万円

耐震診断士を派遣し、

耐震性の有無について

調査する費用の補助

耐震改修設計 3分の2 20万円

補強方法や場所等を検討し、

補強工事のために設計図を

作成する費用の補助

耐震改修工事 2分の1 60万円

補強設計図に基づき工事を

行う費用の補助

耐震建替え工事 23% 60万円

 耐震性が無い住宅を現地に

建替えする費用の補助

耐震シェルター工事 2分の1 20万円

住宅内の一部に木材や鉄骨で

強固な箱型の空間を作り安全を

確保する工事を行う費用の補助

耐震改修設計

+耐震改修工事

 5分の4 100万円

耐震改修設計と耐震改修工事を

合わせて工事する費用の補助

耐震建替え設計

+耐震建替え工事

 5分の4 100万円

耐震建替え設計と耐震建替え

工事を合わせて工事する費用の補助

対象要件  
戸建木造住宅で、昭和56年5月末までに工事着手した住宅または熊本地震で被害を受けた住宅。
※熊本地震による被害については、り災証明書が必要となります。
※この他にも要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。 
申し込み方法
申請受付は、予算の範囲内による先着順になります。
申し込み時期や状況によって、次年度の対応になる場合があります。
詳しくは荒尾市役所建築住宅課へお尋ねください。
 
問い合わせ先

建築住宅課建築営繕係(電話番号:0968-63-1498)

 

 関連資料

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 建築住宅課 建築営繕係
電話番号:0968-63-1498この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る