荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

コミュニティ助成事業

更新日:2020年9月1日

コミュニティ助成事業の概要

コミュニティ助成事業とは

財団法人自治総合センターが、宝くじの社会貢献広報事業として、集会施設やコミュニティ活動備品の整備、安全な地域づくりと共生のまちづくり、活力ある商店街づくりや地域の国際化の推進及び地域文化への支援等に対して助成を行い、地域のコミュニティ活動の充実・強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与するものです。

コミュニティ助成事業の種類

一般コミュニティ助成事業

住民が自主的に行うコミュニティ活動の促進を図り、地域の連帯感に基づく自治意識を盛り上げることを目指すもので、コミュニティ活動に直接必要な施設又は設備の整備に関する事業とする。

  • 助成額:100万円から250万円
  • 助成対象例:放送・音響設備、視聴覚機器、太鼓用具、テントなど
コミュニティセンター助成事業

住民の行う自主的なコミュニティ活動を積極的に推進し、その健全な発展を図るため、住民の需要の実態に応じた機能を有する集合施設(コミュニティセンター・自治会集会所等)の建設整備を対象とする。(補助対象事業費の5分の3以内に相当する額で、1,500万円が上限)

  • 助成額:上限1,500万円
  • 助成対象例:集会施設の新築、大規模改修、施設に付随する備品など
自主防災組織育成助成事業

一定地域の住民が当該地域を災害から守るために自主的に結成した組織(自主防災組織)、又はその連合体が行う災害の被害防止活動及び軽減活動に直接資するものの整備を対象とする。

  • 助成額:30万円から200万円 

コミュニティ助成事業助成団体とは

コミュニティ組織(町内会など、地域に密着した活動を行う団体)、自主防災組織

※申請できるのは、市が認めるコミュニティ組織となりますので、特定目的のために組織された以下の団体は対象外となります。

宗教団体(宗教団体から派生した団体、傘下団体も含む)、営利団体(企業の体育・文化団体も含む)、公益法人、商工会、社会福祉協議会、観光協会、体育協会、趣味の愛好会・イベント等のために組織された団体、NPO、その他その活動が地域に密着しているとは言いがたい団体等。 

交付の条件

  1. 宝くじの普及広報の効果が発揮できるもの。(普及広報のための表示が義務付けられています)
  2. 国の補助金を受けないもの。
  3. 原則として、短期間に消費若しくは破損するような施設又は設備の整備でないもの。なお、整備後の施設又は 設備は、当該地区の住民のコミュニティ組織により、維持管理されること。

申請について

締め切り

申請窓口:荒尾市役所くらしいきいき課 地域協働係

提出期限:令和2年9月30日(水曜日)まで

制度概要に関する資料
申請方法に関する資料
申請書の様式

※詳しくは一般財団法人自治総合センターホームページをご確認ください。

申請に当たっては、様々な条件や留意事項があります。申請締め切りに関わらず、必ず事前にくらしいきいき課までご相談ください。

※相談は随時受け付けています

荒尾市で採択された団体の実績報告

  • 屋外放送設備の整備
  • イベント用備品整備
  • アルミ屋外掲示板の設置
  • 太鼓他伝統芸能備品の整備等

放送設備の写真大型プリンターの写真アルミ掲示板の写真


 


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 防災安全課 危機管理防災室
電話番号:0968-63-1395この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る