ホームお知らせ医療・福祉・健康健康新型コロナウイルス感染症全数把握終了後陽性になった場合の対応について市民の皆様へのお願い

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症全数把握終了後陽性になった場合の対応について市民の皆様へのお願い

2022年9月27日

 新型コロナウイルス感染症 全数把握終了後陽性になった場合の対応について 市民の皆様へのお願い

                               有明保健所、くまもと県北病院、荒尾市民病院

 

 926日以降、全国で全数把握が終了します。そのため、保健所や基幹病院で陽性者の把握が困難になります。陽性の方が制限なく基幹病院を受診されると、一般の重症の方の救急対応に支障が出るほか、不必要な院内感染を引き起こす可能性があります。以下の事項についてご協力をお願いします

  また、オミクロン株の特性や救急体制等については「新型コロナウイルス感染症に関する重要なお知らせ」を確認してください

915日現在の情報です。変更の可能性がありますので県のホームページ等で確認をお願いします。

熊本県ホームページ「新型コロナウイルス感染症に係る全数届出の見直しに伴うフォローアップ体制について」

 

.届出対象外のについて

  届出対象外の方熊本県療養支援センター、ご自身必要情報の登録をお願いします

 登録が無い場合、医療や食事支援等が受けられない場合があります。登録の仕方は今後のホームページ上で公開予定です。また、陽性となった際、医療機関からパンフレットを配布予定です

 

.「届出対象者」「届け出対象外」の方へ共通のお願い

療養中に症状が悪化し受診する場合は、まずは陽性の診断受けた病院へ相談し、それ以外の病院を受診する場合必ず紹介を受けてください

陽性の診断を受けた病院が休診等で連絡が取れない場合は熊本県の療養支援センター(及び夜間電話相談窓口)にをして当日の受診が必要かどうかの相談をしてください。

熊本県の療養支援センターから当日の受診を勧められたは、荒尾市民病院もしくはくまもと県北病院へ事前電話してから、受診をしてください。その際は、何月何日にどこの病院で陽性の診断を受けたのかを伝えてください。

緊急の場合を除き、119の通報はやめてください。搬送手段が無いという理由での救急要請が多くなっていますが緊急性が無い場合は救急車では搬送しません。現場へのだけでもかなりの負荷になっていますので、119を呼ぶに、保健所、荒尾市民病院、くまもと県北病院へ相談ください。病院と保健所で相談の上、搬送手段を翌日までには確保します。

基幹病院へのコロナに関する一般的な問い合わせは控えてください。問い合わせが多く電話が大変つながりづらっています。一般的な問い合わせの相談窓口など利用してください。

 

.連絡先

○熊本県療養支援センター(9:00~18:00)  電話050-3385-9120

○夜間電話相談窓口(18:00~翌朝9:00) 電話050-3665-8026

○健康相談以外のお尋ねは新型コロナウイルス感染症相談窓口 電話 096-300-5909

 

問い合わせ先:熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口 096-300-5909(24時間対応)

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる
荒尾市AIチャットボット
荒尾市AIチャットボット

ページトップへ