ホームお知らせ医療・福祉・健康健康マスク着用に関する国の基本的対処方針等の変更について

ここから本文です。

マスク着用に関する国の基本的対処方針等の変更について

公開日:2022年10月21日

国の基本的対処方針において、基本的な感染対策としてマスクの着用及び着用を推奨すべき場面等が明確化されています。
皆様におかれましても、引き続き基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。

マスク着用についてリーフレット (PDF 281KB)

1 マスク着用の考え方について

(1)マスク着用を推奨する場面(マスクは不織布マスクを推奨)

マスク着用を推奨する場面
屋内 屋外
  • 他者と身体的距離(2m以上を目安)がとれない場合。
  • 他者と距離がとれるが会話を行う場合。
  • 他者と距離がとれず会話を行う場合。

備考 このほか、高齢者等との面会時や病院内など、重症化リスクの高い者と接する場合にも、マスクの着用を推奨。

 

(2)マスクの着用を必要としない場合

マスク着用を必要としない場合
屋内 屋外
  • 他者と身体的距離がとれて会話をほとんど行わない場合。
  • 他者と身体的距離が確保できる場合。
  • 他者と距離がとれない場合であっても会話をほとんど行わない場合。

特に夏場については、熱中症予防の観点から、屋外の「着用の必要はない」場面では、マスクを外すことを推奨。

2 小学校就学前の児童のマスクの着用について

乳幼児(小学校に上がる前の年齢)、特に2歳未満ではマスクの着用は推奨されない。2歳以上の就学前の子どもについても、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には推奨しない。

なお、本人の体調がすぐれず持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理に着用する必要はなく、マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子どもの体調に十分注意した上で着用すること。

マスク着用について (PDF 774KB)

子どものマスク着用について (PDF 159KB)

カテゴリー

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

荒尾市AIチャットボット
荒尾市AIチャットボット

ページトップへ

チャットボット

チャットボット

閉じる