荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾干潟フォトコンテスト作品募集

更新日:2017年12月19日

荒尾干潟

 荒尾干潟は平成24年に国際的に重要な湿地としてラムサール条約湿地に登録されました。荒尾干潟では海苔の養殖、アサリ漁、マジャク釣りなどの漁業が営まれており、また、バードウォッチングなどのレクリエーションの場としても利用されています。このように荒尾干潟は人と自然が共生した場であり、そのことについて広く普及啓発を図り、荒尾干潟の貴重な環境を保全していくため、荒尾干潟フォトコンテストを開催します。

1 応募資格

プロ・アマ、年齢等一切不問です。

2 応募部門とテーマ

1.自然・風景部門

荒尾干潟の景色や干潟から見える夕日や雲仙岳などの風景、渡り鳥やベントス(底生生物)など、干潟の生きものが対象のもの

2.営み・取組部門

荒尾干潟の漁業や、干潟を守る活動(清掃活動など)のほか、人が干潟で楽しむ様子や活動(マジャク釣りやバードウォッチングなど)が対象のもの

3 応募期間

平成29年12月1日(金曜)から平成30年2月28日(水曜)消印有効

4 賞

各部門において最優秀賞、優秀賞、入選を選考し、表彰します。

最優秀賞 各部門1点賞金1万円、賞状 
 優秀賞各部門2点賞金5千円、賞状
 入選各部門5点図書カード千円分、賞状

5 応募方法

  1. 2L判サイズ(127ミリメートルから178ミリメートル)〜A4サイズ(210mm〜297mm)にプリントし、応募してください。
  2. 一人につき何枚でも応募できます。
  3. 所定の応募票に必要事項を記入し、1作品ごとに添付してください。(本ページ下部からPDFファイルがダウンロードできます。)応募票は自作のものでもかまいません。
  4. 応募者本人が撮影した公募未発表作品に限ります。
  5. 応募作品の撮影時期は問いません。
  6. 応募に係る経費は全て応募者の負担になります。

6 応募作品の取扱い

  1. 応募作品の著作権は、撮影者に帰属します。入賞作品は主催者の活動において無償で使用できるものとします。使用に当たっては、撮影者の氏名表示を行います。
  2. 入賞作品については、デジタルデータもしくは撮影原版を提出していただきます。
  3. 応募作品の返却はできません。

7 応募規定

  1. 人物写真等については、肖像権などの権利義務を事前に応募者が責任を持って処理して応募してくださ
    い。応募者と被写体及びその関係者間で紛争・損害が生じた場合、主催者は一切の責任を負いません。
  2. カラ―、モノクロは問いませんが、合成等著しい加工を施した写真は審査の対象外とします。
  3. 応募の際の事故等については、主催者は責任を負いません。
  4. 18歳未満の人は、保護者の同意を得て応募してください。
  5. 本コンテストの応募者は、応募の時点で記載されている諸条件に同意したものとみなします。

8 個人情報の取扱い

 提供いただいた個人情報については、フォトコンテスト運営に係る事務以外には一切使用しません。

9 審査

 荒尾干潟保全・賢明利活用協議会会員及び荒尾写真クラブで構成する審査委員会において審査します。 

10 審査結果発表

 平成30年3月頃、荒尾市ホームページ等で発表を行います。また、審査結果については応募者全員に通知しま
す。なお、選考結果に関する問合せ、クレーム等には一切対応できません。

11 チラシ兼応募票

 荒尾干潟フォトコンテスト兼応募票(PDF 約328KB)

12 問合せ・応募先

荒尾干潟保全・賢明利活用協議会事務局 荒尾市環境保全課

〒864-8686 荒尾市宮内出目390番地

電話番号:0968-63-1386 ファックス番号:0968-63-1376

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 環境保全課 環境企画調査係
電話番号:0968-63-1386この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る