荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

万田炭鉱館

更新日:2016年12月2日

万田炭鉱館の画像



 荒尾市の基幹産業であった石炭産業(炭鉱)の歴史やまちの暮らしや変遷を学習できる資料館です。展示ホール、展示室では炭鉱マンたちが使っていた道具や炭鉱の様子を撮ったパネルなどの展示があります
 

開館時間

9時30分〜21時30分

休館日

月曜(祝日の場合は翌日)

年末年始(12月29日から1月3日まで)

施設案内

ホール、展示室、多目的ルーム、研修室A、研修室B

 

利用料金

ホール、展示室は無料でご覧いただけます。

多目的ルーム、研修室A、研修室Bは以下の表になります。

 

表:万田炭鉱館施設使用料一覧
設備名

改訂前の使用料

(1時間につき)

改訂前の冷暖房使用料

(1時間につき)

改訂後の使用料

(1時間につき)

改訂後冷暖房使用料

(1時間につき)
多目的ルーム420円315円432円324円
研修室A315円105円324円108円
研修室B210円105円216円108円

※使用者が物品の販売、宣伝等営利行為とみなされる目的で使用される場合の利用料は、それぞれの使用時間区分の額に100分の500を乗じた額とします。

 

申込み

申込みは、万田炭鉱館使用許可申請書(WORD 約68KB)を施設に提出してください。

使用しようとする日の3ヶ月前から申し込むことが出来ます。

また、万田炭鉱館の利用料減免を受けたいときは、万田炭鉱館使用料減免申請書(WORD 約58KB)を同時に提出してください。

減免規定

表:使用区分と減免率一覧

項目

使用区分 減免率 
荒尾市が行政目的のために主催する行事に使用するとき。10割
荒尾市が共催する行事で地域産業の活性化と活力ある地域社会づくりに資するために使用するとき。 5割(冷暖房費を除く)
3荒尾市が後援する行事で地域産業の活性化と活力ある地域社会づくりに資するために使用するとき。2,5割(冷暖房費を除く) 
4その他市長(指定管理者)が公益のために使用する場合で特別の理由があると認めるとき。市長が定める率(冷暖房費を除く)

 

駐車場

25台(障害者等用駐車場4台)

無料

 

交通

JR荒尾駅より産交バス(倉掛方面行)5分 万田公園下車すぐ 

 

問合せ先

住所

荒尾市原万田213番地31

電話番号

0968-64-1300

ファックス番号

0968-64-1300


お問い合わせ

荒尾市役所 建設経済部 産業振興課 観光推進室
電話番号:0968-63-1421この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る