荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

「日中友好の朝顔」が今年も咲きました!

更新日:2017年7月19日

この朝顔は、清王朝の末裔の「愛新覚羅溥傑(あいしんかくら ふけつ)・浩(ひろ)」夫妻が、北京のご自宅にて大切に育てたと伝わる朝顔です。

溥傑夫妻の次女・福永嫮生(ふくながこせい)氏から神戸の孫文記念館に寄贈された種が花を咲かせ、またそこから採取された種が、宮崎兄弟の生家施設に贈呈されました。

宮崎兄弟の生家施設では、平成26年度からこの朝顔の種を育てており、鮮やかなピンクとそれを縁取る白覆輪(ふくりん)の花は、毎年生家施設を訪れる人の目を楽しませています。

また、平成29年度は市内全小中学校に種を配布し、荒尾市が「日中友好の地」であるということを、全児童・生徒に周知する取組みを実施しています。

日中友好の朝顔



 


お問い合わせ

荒尾市役所 教育委員会 生涯学習課 文化係
電話番号:0968-63-1681この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る