荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

「新・第5次荒尾市総合計画(改定版)」を策定しました

更新日:2018年3月12日

 本市の総合計画は、市の最上位計画として、これまで第5次にわたって、社会情勢の変化や市民ニーズの多様化等に対応しながら、まちづくりの将来像や政策方針などを策定してきました。

 今後、全国的に人口減少が加速化することが見込まれる中、国において「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、本市では、平成24年に策定した第5次荒尾市総合計画の人口減少対策をより強化し、地方創生を推進するため、平成27年に「新・第5次荒尾市総合計画」を策定しました。

 新・第5次荒尾市総合計画は、計画期間を5年間(平成31年度まで)としており、計画の中間年度に当たる平成29年度に、一部改定を行いました。

 新・第5次荒尾市総合計画(改定版)は、近年の新たな施策に対応するとともに、人口減少や地域経済活性化、超高齢社会などの課題への対応を強化しており、重点戦略については、明るく豊かな未来を築くため「あらお未来プロジェクト」としております。

 また、新たな施策として、荒尾干潟を活用したまちづくりや、エネルギーの地産地消の推進、学校教育施設の充実などを追加しています。

 計画の推進に当たっては、産・官・学・金・労・言など地域の多様な団体の協力・参画をいただきながら、事業を行うとともに、定期的な成果検証を重ね、PDCAサイクルによる持続的な改善を図ります。

 

新・第5次荒尾市総合計画(改定版)(PDF 約4MB)

新・第5次荒尾市総合計画(改定版)概要版(PDF 約15MB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 政策企画課 政策経営室
電話番号:0968-63-1273この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る