荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

国の伝統工芸品「小代焼」

更新日:2010年11月18日

国の伝統的工芸品「小代焼」

 小代焼は熊本県の北部小岱山麓で約四百年前から焼き続けられている九州を代表する陶器です。深い藍と碧の地に白掛けが溶け込んだ釉薬が特徴の小代焼は、芸術品として高い評価を得てきました。

 また、器としての実用性も高く、別名を五徳焼と呼ばれてきました。

その五徳とは、腐敗しない・生臭さが移らない・湿気を呼ばない・毒を消す・延命長寿が得られるという効果です。観賞用として、芸術品としての側面と、暮らしに生きる器として実用性が高いのも小代焼の特徴です。

400年の歴史を持つ小代焼の画像です

お問い合わせ

荒尾市役所 建設経済部 産業振興課 観光推進室
電話番号:0968-63-1421この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事