荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾海岸

更新日:2013年3月12日

荒尾干潟は結構面白い!

 「荒尾干潟は日本有数の渡り鳥のオアシス」

 荒尾干潟は、南北9.1km、東西最大幅3.2km、面積約1,656haある単一の干潟としては国内有数の広さを誇ります。シギ・チドリ類が全国で2番目に多く渡来しており、地球を旅する渡り鳥の重要な中継地「渡り鳥のオアシス」になっています。

 平成24年7月3日、荒尾干潟はラムサール条約に登録され、国際的に重要な湿地となりました。

 

詳しくは荒尾海岸のシギ・チドリたちのページをご覧ください。

 

「マジャク」

 マジャクは市の魚です。アナジャコの地方名でヤドカリの仲間です。習字用の筆を海岸の穴に入れると、敵と勘違いして押し上げて出て来るマジャクを捕まえるのが昔からの伝統的漁法です。難しいけれど面白い漁法です。毎年、マジャク釣り大会を開催し、県外からも多くの方が参加されます。見た目はゴツくても、てんぷらにしたり、ゆでたり、蒸したり、食味に優れています。

 

「足長ダコ」

 足長ダコは干潟の中に穴を掘って潜んでいます。その穴を見つけ、3、40cm鍬で掘り、見えてきた足長タコをわしづかみして捕ります。そのため、荒尾ではタコは「釣る」のではなく、「掘る」というのが一般的です。足の長さが1m近くのものもおり、食べれば非常にやわらかく美味。

 

 

さまざまな生物が生息する荒尾海岸

荒尾海岸は日本有数の渡り鳥飛来地。護岸から間近に見られるところは全国的に珍しい。

  • シロチドリ  17.6cm
  • メダイチドリ 19.5cm
  • ダイゼン   29.5cm
  • チュウシャクシギ 42cm
  • キュウジョシギ  22cm
  • オオソリハシシギ 41cm

荒尾市の魚マジャク…習字用の筆で釣ります。

足長ダコ…穴を見つけ、手を突っ込み捕る。

車エビや甲イカなど色々な魚介類が獲れます

さまざまな生物が生息する荒尾海岸の画像




漫画「クッキングパパ」の作者もマジャク釣り大会に参加され、そのときの様子も漫画に掲載されています。

 


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話番号:0968-63-1157この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事