荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

水道の凍結予防に関するお知らせ〜昨年1月25日の大寒波を覚えていますか?〜

更新日:2017年1月13日

水道管凍結予防バナー



 平成28年1月24日から25日に、氷点下6度以下の大寒波がおこり、市内約2,000件で、宅内漏水などが発生し、水不足による広い範囲での断水の可能性がありました。今年もだんだん寒くなっておりますので、次の点の確認をお願いします。 

 

1.冬の水道管の凍結にご注意ください!

 外の気温が氷点下4度以下になると水道が凍結しやすくなります。特に屋外、北側で日が当たらない場所、風当たりが強いところ、むき出しになっている水道管は注意が必要です。

 

2.凍結を防止する対策として・・・

  • むき出しになっている水道管を、発泡スチロール製の保温材などで保温します。(写真1)

 写真1


  • 屋外の蛇口に、乾いたタオルなどで保温して、水に濡れないようにビニールテープなどで包む簡易対策も一定の効果があります。(写真2) 

(写真2)


  • 家の中の水道を少し出しておきます。(水道料金は加算されますので、出しすぎにご注意ください。)
  • 給湯器などは、各機器の取扱説明書で、凍結防止対策を確認します。また、取扱説明書がない場合は、購入した販売店に尋ねてください。
  • 長期間、家を留守にする場合は、メーターボックス内の止水栓を閉めておきます。

3.もし、凍結してしまったら・・・

  • 外にむき出しになっている水道管は、管に直接ぬるま湯をかけて様子をみる。
  • 蛇口は、タオルをあてて、ぬるま湯をかけると余熱も利用できて効果的です。(写真3)

(写真3)


※熱湯は、水道管の破損ややけどなどの恐れがあるため、必ずぬるま湯で行ってください。

 

4.もし、水道管が破損して水が漏れだした・・・

  • 自宅にあるメーターボックス内の止水栓を閉めて、市水道工事指定店へ連絡し、修理を依頼してください。(写真4)宅内給水管の修理については、自己負担となります。市水道工事指定店は、市ホームページに掲載しています。(荒尾市水道工事指定店一覧)インターネット環境がない人は、企業局内に市水道工事指定店一覧表を用意しています。

(写真4)


※昨年の寒波の時にメーターボックスの位置がわからない人も多数いましたので、事前に場所の確認もお願いいたします。

 

5.水のくみ置きをお願いします。

  • 漏水により水が不足すると断水になる可能性があります。寒波が予想される時は、炊事やトイレなどの必要な水は、事前にくみ置きをお願いします。

水道管凍結予防に関するチラシ(PDF 約1MB)

水道管凍結予防に関するチラシ表



水道管凍結予防に関するチラシ裏


お問い合わせ

企業局 お客様センター 電話番号:0968-64-3333


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。